ヘルペスという病気をご存知ですか?ヘルペスはヘルペスウイルスが体内に入り増殖することによって引き起こされる病気で、皮膚のかゆみや痛みが生じるとされています。性交渉によって生じることが多いです。このヘルペスにもきちんとした薬があります。ヘルペス治療薬を知って、ヘルペスを撃退しよう!

  • ホーム
  • ヘルペスと帯状疱疹:違いはあるの?

ヘルペスと帯状疱疹:違いはあるの?

ファムビルは性器や口唇ヘルペスなど、単純疱疹と帯状疱疹の原因となっているウィルスの増殖を抑える薬で、飲むのが早ければ早いほど強力に効く薬です。
初期に服用することで治癒までの時間を大きく減らすことが出来ますので、発症から24時間以内の服用が推奨されています。
しかし、薬ですから副作用もあります。

ファムビルの主な副作用は、頭痛、傾眠、むくみ、吐き気、下痢、蕁麻疹、かゆみなどです。
このような症状が出た時には担当の医師か薬剤師に相談しましょう。
ちなみに割合では頭痛や眩暈などの精神神経系、尿中タンパク陽性などの腎臓系、白血球増加やヘモグロビン減少などの血液系、尿中ウロビリノーゲン増加などの肝臓系、下痢や腹痛、嘔吐などの消化器系では0.1~5パーセント未満と報告されています。

用法用量をしっかりと守っていれば滅多に重篤な副作用は出ません。
しかし、極まれに下記のようなアナフィラキシー症状が出ることがあります。

  • 判断がにぶくなる
  • 幻覚や幻聴
  • 意識がなくなる
  • けいれん
  • 唇や口内のただれ
  • 高熱
  • 尿量減少
  • 手足の筋肉の痛み
  • 赤褐色の尿が出る
  • 蕁麻疹
  • 血圧低下
  • 急性腎不全
  • 呼吸困難

これは副作用の初期症状である可能性があり、このような場合には服用をやめてすぐに病院へいき、医師の診察を受けなくてはなりません。
これまでの報告では主に高齢者に症例があるといわれています。

また、気を失ったり朦朧状態になる意識障害が出る場合もありますので、ファムビルを服用したら車の運転はしないなど生活上の注意事項もありますので必ず確認し、守るようにしましょう。
飲むのを一回忘れてしまったからと二回分を一度に飲むことや、副作用と思われるようなおかしいことがないにも関わらず自分の判断で服用を止めることは絶対にしないようにします。
不安に思うことがあれば医師に相談です。

ファムビルによる副作用が発現されたら病院に行こう

ファムビルは医薬品の中でも比較的副作用が軽い医薬品です。
開発時の臨床試験では副作用などを発症したのは706例において副作用が報告されたのは63例でした。
わずか8.9%になるので他の医薬品と比較すると少ない方と言えるでしょう。

主な副作用としては頭痛や下痢・眠気などが報告されていて、それほどひどいものではなく次第に症状はましになっていきます。
用法・用量をきちんと守って服用しているなら、ほぼ副作用が現れることはないですが、まれに重篤な副作用が現れることがあります。
発症する可能性のある酷い副作用として、例えば精神神経症状では錯乱や幻覚・意識障害などがあげられ、重篤な皮膚障害や急性腎不全、横紋筋融解症やアナフィラキシーなどもあるのでかなり注意が必要です。
吐き気やけいれん、蕁麻疹やむくみなどの症状を訴えた人もいるので気をつける必要があります。
何かしら異常が見られたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

医師と相談してファムビルの服用の継続を検討する必要があるでしょう。
ファムビルは腎機能障害患者や腎機能の低下などが見られる年配の人は投与間隔などをあけたり減量したりすることが望ましいとされていて、飲み方を医師と相談することをおすすめします。

ファムビルウイルスの増殖が活発なヘルペス発症初期の内に服用を始めるのがよく、特に再発の予兆である患部におけるムズムズなどの違和感などを感じた時点でファムビルを服用すると良いでしょう。
再発を予防することが出来たり、飲むタイミングが早ければ早いほど症状を改善することができる医薬品です。
何かしら副作用が現れたらすぐに服用をやめて医師と相談すると適切な処置を行ってくれます。

関連記事