ヘルペスという病気をご存知ですか?ヘルペスはヘルペスウイルスが体内に入り増殖することによって引き起こされる病気で、皮膚のかゆみや痛みが生じるとされています。性交渉によって生じることが多いです。このヘルペスにもきちんとした薬があります。ヘルペス治療薬を知って、ヘルペスを撃退しよう!

  • ホーム
  • ヘルペス治療薬のファムビルとは?

ヘルペス治療薬のファムビルとは?

ファムビルは性器や口唇ヘルペスなどに有効な抗ウイルス薬です。
ヘルペスに対して1日3回服用することにより症状を最小限に抑えることができたり、治癒するまでの期間を早めることができます。
十分な効果を発揮するにはヘルペスウイルスが増殖している発症した初期にファムビルを服用することが何より大切で、ファムビルはヘルペスの発症期間を2週間ぐらい縮めることが可能です。

ヘルペスウイルスの増殖などを阻止することができたり、不快な症状の悪化を防ぐことができ病変の拡がりを阻止することができるでしょう。
症状を最小限に抑えることができるので幅広い世代の人に利用されていて、治癒するまでの期間を大きく短縮することが可能です。
特に初感染時のヘルペスにおいてファムビルなどの抗ウイルス薬の利用は欠かせないと言えます。
初感染時のヘルペスの場合は重症化しやすい傾向があり、患部の水ぶくれやただれ、頭痛や排尿痛などの酷い症状に苦しめられる人が多くいるからです。

薬を使わないでそのままにしているとそのような症状は2~3週間続くので、患者の苦しみや負担には酷いものがあります。
ファムビルを服用することで単純疱疹などの治癒期間を1~2週間に縮めることが可能です。
ファムビルウイルスの増殖が活発な発症初期の内に服用をスタートするのが良く、ヘルペスは発症するとウイルスの増殖を繰り返していき皮膚に病変を形成していきます。

ファムビルはウイルスの増殖を停めることができ、ヘルペスが発症し時間がたってしまうと皮膚表面にあるウイルスが増殖しきってから服用してもあまり効果を得ることができないでしょう。
特に再発したヘルペスは増殖期が短期間なので、発症してから24時間の内に服用しなければいけません。
尚、ファムビルにはいくつか副作用があり、下痢などを引き起こす人もいるので注意が必要です。
飲み合わせによっては効果を十分発揮することができなかったり、正しい飲み方をしないと有効成分の効果を得ることができないので注意しましょう。

ファムビルの副作用や飲み合わせについて

ファムビルは、ファムシクロビルという有効成分を主成分としています。
ファムシクロビルにはウイルスの増殖を抑える効果があるのでヘルペスや単純疱疹の治療に用いられていますが、副作用も比較的少ないとされおり安全に利用することが出来ます。
しかし、全く副作用が出ないというわけではありません。
人によっては下痢や吐き気といった胃腸の症状が出ることがあります。

また、発疹や蕁麻疹が出たり、皮膚にかゆみが生じるなどの副作用が出る人もいます。
体に紫色のあざが出来る白血球破砕性血管炎が見られることもあります。
その他にもめまいや眠気を感じたり、頭痛などの症状が出ることもあるようです。
ファムビルを服用してこういった症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診して医師や薬剤師に相談する必要があります。
車の運転をしなければいけない時や危険な作業を行わなければいけない場合などは、注意が必要です。
重篤な副作用はほとんどありませんが、ファムビルの服用を始めてから初期の段階でごく稀に精神神経症状や意識障害などが現れるケースも報告されています。
特に腎臓の機能が低下している人や高齢者は薬がきちんと排泄されないことがあるので注意が必要です。
腎臓が悪い人や高齢者の場合には、薬の量を減らしたり薬を服用する間隔をあけるなど慎重に薬を用いなければならないこともあります。
そしてファムビルを服用する際には、薬の飲み方や飲み合わせにも気を付けなければなりません。
痛風の薬であるプロベネシドと併用すると、プロベネシドの排泄を遅らせてしまう恐れがあります。
そのため痛風の持病を抱えているような場合には、きちんと医師や薬剤師にそのことを伝えることが重要です。

関連記事