ヘルペスという病気をご存知ですか?ヘルペスはヘルペスウイルスが体内に入り増殖することによって引き起こされる病気で、皮膚のかゆみや痛みが生じるとされています。性交渉によって生じることが多いです。このヘルペスにもきちんとした薬があります。ヘルペス治療薬を知って、ヘルペスを撃退しよう!

  • ホーム
  • 口唇ヘルペスって他人にうつるの?

口唇ヘルペスって他人にうつるの?

口唇ヘルペスとは、唇の周りに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みの症状が出るものです。
原因としては、疲れやストレスなどが溜まり、体が弱っているときに繰り返し症状として出る傾向にあります。
日本人の約10人に1人の方が罹患した経験があると推計されている病気です。
昔は、子供のうちに誰しもが罹患した病気であり感染して治癒することで免疫力をつけていましたが、最近では大人になってから初めて罹患する方も多く、繰り返して発症する傾向にあります。

症状は、口唇内の幹部がチクチクする傾向があり、発症後1~3日経つと赤く膨れた上に水ぶくれが出きます。
この中にはウイルスが大量に存在し、水ぶくれが破れた後に触れると感染する可能性があります。
発症から10日~2週間ほどでかさぶたができ、回復していくこととなります。
初感染の場合は、唇や口の周囲に大きな水ぶくれが広がり発熱などの症状が起こることもあります。

口唇ヘルペスは他人に感染します。
口唇ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスであり、タンパク質と核酸だけでできていますが、自分では子孫を作ることができず、他の生き物の細胞の中に入り込むことによりコピーを作っていきます。
このため、人間同士の接触の中でヘルペスウイルスがうつるととなります。
唇や口の周囲に水ぶくれの症状があるときにキスや頬ずりをするなどして接触感染するケースが多く、親族間でうつりやすいものです。

健康な皮膚は角質が厚いため、ウイルスが簡単に侵入しませんが小さな傷・アトピー・湿疹などがあったり、角膜のない性器や口などから接触感染することがあります。
唇や口のほか目にも感染することがあるので要注意です。
一度感染すれば感知しないため再発を繰り返すこととなります。

再発を予防するためには、免疫力を保つことが重要です。
風邪による発熱・睡眠不足・ストレスなどで免疫力が低下したときに再発する傾向にありますので、栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠をとり、ストレスを溜めない生活をすることが重要となります。
口唇ヘルペスを発症しないように、罹患した方も罹患していない方も接触感染をしないように、マスクをしたり患部に触れないように気をつけるなどの予防策をとることが重要です。

口唇ヘルペスを再発させない方法はある?

口唇ヘルペスで一番の悩みは繰り返す再発です。
何よりも早い対応が必要なので再発の予兆を感じとることも重要です。
口周辺だけでなく鼻周辺や目のふちなどに症状が現れることもあります。
目が赤くなる角膜炎にも注意が必要です。
接触感染でうつるので触らないようにしなければなりませんが、子供が感染した場合は制限することが大人以上に困難なため注意深く経過をみる必要があります。

口唇ヘルペスが再発する原因は、体内の単純ヘルペスウイルスが活性化するためですが、このウイルスを完全になくすのは難しいのが現状です。
従って、再発させないためにはウイルスの活性化を防ぐように働きかけていく必要があります。

具体的に最も大切なことは、抵抗力のある丈夫な体づくりをすることです。
普段の生活を見直し、より健康的な日々を送ることが口唇ヘルペスの予防に繋がります。
免疫力の低下を招く睡眠不足は厳禁です。
例え忙しくても最低6時間は睡眠時間を確保し無理をしないようにします。
早寝早起きのリズムを作ることで自律神経も整い健康を保ちやすくなります。
ゆっくりと休んだうえで、適度な運動をしバランスの取れた食事をすることが重要です。

食事については、ヘルペス予防にはリジンが良いといわれていたり、アルギニンを摂りすぎないようにする必要があるといわれていますが、リジンだけを摂取したりアルギニンを全く摂らないようにするのは決してバランスの良い食事ではありません。
アルギニンは免疫力を高めるための成分も入っており寧ろ適量であれば必要なものです。
それ以外のものも、体には不可欠な栄養がバランスよく供給されることで口唇ヘルペスが再発しにくい丈夫な体をつくることができます。

関連記事